TRUEwedding

Column

コラム

【column】ハウスオブ軽井沢で過ごすナチュラル&エレガントなウェディング vol.4

September 02, 2016

軽井沢へ下見にいらした時から、美味しいお店巡りをされていたグルメなおふたり。ゲストの方々も「お食事とお酒で繋がっている人たちばかり!」ということで、“美味しいコース”をお出しできることをマスト条件として探していました…

6月にハウスオブ軽井沢で結婚式を挙げられたおふたり。会場選びから、ウェディング当日までのレポートをインタビュー形式でお届けしています☆
第3話はこちら「おふたりらしいセレモニー」
第2話はこちら「みんなで話の弾む、大きなファミリーに」
第1話はこちら「かしこまらず、みんなが仲良くなってくれる1日にしたい!」

【エレガントなコース料理を楽しむためのテーブル】
ノーブルな印象のクロスの上には、大人な雰囲気のテーブルアイテム。時は16世紀のヨーロッパ…ハンティングの間にフルコースを召し上がる貴族のような…そんな空想の世界に舞い込んでしまいそうな、ガーデンウェディングの本来の姿ともいえる高貴な雰囲気が漂いました。


お食事のメニューはおふたりのお料理への熱い思いに応え、シェフも腕によりをかけたスペシャルな逸品ばかり!特にハウスオブ軽井沢では地元、長野県の食材を多く取り入れ、地元食材の美味しさを引き出すお料理で常に進化をし続けています。
忙しい毎日を抜け出し、1時間新幹線に乗って訪れるだけで、ふと日常を客観的に見られる場所へ立っている自分に気がつく…
軽井沢の木々の間を抜ける風を感じながら召し上がっていただくお食事は、“美味しい”以上に身体の喜ぶ時間をお過ごしいただけたのではないでしょうか。

【ゲストと楽しむ、大人のおもてなしパーティ】
そしてお料理の合間には、音楽に合わせておふたりがファーストダンスを。
そして花嫁さまのお母様からの「踊りましょう!」という一声がきっかけとなり、その場にいた全員が思い思いに手をつないで輪になったり、ご夫婦でメロウなダンスを楽しんだり…。カラフルなドレスの競演はまさにおふたりのイメージされていた映画「アバウトタイム」のよう!皆さまの心からの笑顔は、最高の思い出になったに違いありません♡

そんな皆さまへ新郎新婦から粋なサプライズ!考え始めると迷宮入り…というお声も聞こえる引き出物ですが、おふたりらしさから生まれたのは軽井沢のグルメセレクション☆


おふたりも納得のお食事や飲み物のラインナップの中から、さらに実際にお召し上がりいただいた上でチョイスしていただくので、本当に喜んでいただけるプレゼントになりました。

【大切な方々と 会話の楽しめる距離で過ごす結婚式】
ダンスも引き出物も、準備をしていく中で、いらしてくださる方のお顔を思い浮かべながら考えているからこそ生まれる時間ばかり。
そんなおふたりだからこそ、ゲストからの祝福のスピーチも本当に心のこもったものとなりました。
テーブルに着いたままで全員に伺ったおふたりとの思い出。
フランクに伝えるのは、おふたりがどんなに愛されているか、酒豪であるか☆、お食事のつなぐ縁、ご家族同士のおちゃめなエピソードなど…
お手伝いをさせていただきながら、なぜだか涙がこぼれそうになったこのお食事の時間。ふと頭に浮かんだのは大切なお祝いを家族や親戚と過ごす欧米の感謝祭やクリスマスの光景でした。

大きな1つのテーブルを囲み、おふたりをお祝いするために集う。
緑の美しいガーデンにて共にお食事の時間を過ごした方々は、まるで大きなファミリーのような、そんなあたたかい一体感に包まれました。

パーティもお開きとなると、オーベルジュへご宿泊になるご親族とのリラックスタイム。
その後には、「今日くらい主役をアピールしないと!」と胸のブートニアが嬉しそうなご新郎さま、「さあ!飲むぞ〜〜!」という花嫁さまとともに2次会へ向かわれました。


いつまでも美味しいお料理と、そのテーブルを囲むたくさんのあたたかい笑顔の輪の中心で、末永くお幸せになさってください♡


Contactお問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

(11:00 - 19:00 水曜定休)

TEL : 03-6450-6363

お問い合わせフォーム

※プライバシーポリシー